現在、チャイルド・ケモ・ハウスでは、
「夢のアイテム」を実現すべく、
マスクに付ける楽しいアイテムを販売しています。

病院で多くの人がつけている白いマスク。
子どもたちは、表情が見えなくて怖い!と思ってしまいます。

そんなマスクに、「鼻」

アニマルマスク

をつけると…
(上から右回りにアヒル、ウシ、ブタ、イヌ、ネコ)

鼻をつけると

子どもたちに、マスクに親しんでもらうために
考案しました。

ご購入希望の方はこちら↓の申込書(Word)に記入いただき、
FAXまたはメールでお申し込みください。

説明書+購入申込書

ホータイやガーゼなどを固定する時に使うテープを、サージカルテープと言うそうです。
白いホータイに、無地の白や生成り色のテープ…少しさみしい感じです。
そんなテープが、可愛い動物のキャラクターのシールになりました。シールですので、サイズに合わせて切る必要もありません。

箱の片面には、「がんばったね!」というメッセージ付きのメダルやカードが印刷されており、切り取って使えます。ホームページからダウンロードもできますので、がんばった子どもたちに渡して頂くこともできます。
子どもたちはシールが大好きです。ノートに貼ったり、手に貼ったり、時には大事な家具に貼ってしまったり…。可愛い動物のシールで、子ども達の不安や緊張が少しでも和らぎますように。

K.I.S.S製品の売り上げの一部は、小児がん患児がともに安心して化学療法(抗がん剤治療)を受けるための専門施設設立のためにご寄付いただきます。

「こあら」さんの点滴対応パジャマ、肌着です。
両袖にスナップボタンがついていて、肩から袖口まで開くようになっているので、点滴中や、腕が動かしにくい時も着替えがしやすくなっています。スナップボタンは、褥瘡に配慮して、肩から腕の稜線より前についており、裾も邪魔にならない七分丈です。
色やデザイン、サイズも選べていいですね。

こあら
〒509-7205
岐阜県恵那市長島町中野888-2
Tel 0573-59-8014 Fax0573-25-0335
E-mail:info[atmark]koalabear.jp
http://koalabear.jp

『夢のアイテム』について考えるとき、既にとても興味深く素晴らしい取り組みをされている方々と、めぐり会うことがあります。

今回は、こんな素敵な点滴スタンドを見つけました。点滴スタンドは、小児がんのように長期入院をする子どもたちにとって「いつも一緒のお友達」です。

株式会社メディディア医療デザイン研究所さんのfeel div STANDです。

木を使った、温かいデザイン。6種類のかわいい絵柄のボードのついた点滴スタンドです。この絵柄のボードで点滴ボトルが隠れるので、ボトルを見ただけで気分が悪くなってしまったり、元気がなくなってしまう子どもも安心です。

また、このボードは黒板になっていて、表は子どもが自分で絵を描いたり、折り紙や写真などを貼ったりできます。みんなからの励ましのメッセージも書けるので、子どもたちにとって、緊張や不安を和らげるスペースになります。裏には、治療に関するメモや申し送りを書き込むことができます。

グリップも、子ども達と家族が一緒に握ることができるデザインで、キャスターも静かで走行しやすく、転倒しにくくなっています。

こんなかわいいスタンドなら、点滴台を押して歩く時間もちょっと楽しくなりますね。

株式会社メディディア医療デザイン研究所
〒916-0027
福井県鯖江市桜町2-2-17
TEL:0778-52-0271 Fax:050-3737-3199
E-Mail:medidea[atmark]medidea.co.jp
http://medidea.co.jp/

以前にお知らせしました夢のアイテムの第一弾ができました!
ホータイといえば、真っ白、ぐるぐる巻かれる…子どもたちは緊張したり、怖いと思ったり。
でも、Kiss伸縮ホータイは、両端がグリーン、ピンク、ブルーの3色とカラフルです。グリーンは5センチ、ピンクは7.5センチ、ブルーは9センチと、色でサイズが分かります。
サイズが選べることによって、子どもたちにとっても、必要以上に大きく巻かれなくても良くなりました。

箱のふたには、ペーパークラフトが付いており、簡単に切り取って組み立てられますし、裏は白なので、自由に塗り絵もできます。

こんなホータイなら、選ぶ楽しみもあり、これまで受け身で巻かれていた子供たちですが、思わず自分から巻きたくなるようになるかもしれませんね。

K.I.S.S製品の売り上げの一部は、小児がん患児がともに安心して化学療法(抗がん剤治療)を受けるための専門施設設立のためにご寄付いただきます。

この記事は、株式会社長谷川綿行の清宮さんからご寄稿いただいたものです。

小児がん治療を受ける子どもたち、その子どもといっしょにがんばる家族。その現状は経験した家族にしか分かりません。痛み、不安、苦しみ、孤独・・・私たちは治療を受ける子どもたち、その家族の気持ちに近づくことはできても理解することはできません。
その家族の人たちが自分たちと同じ苦しみをさせたくないという強い気持ちが「夢の病院設立というゴールです。私が初めて萩原さん、田村さんにお会いした時にその志の高さ、情熱を強く感じ、個人としても、企業としても応援していこうと思いました。

株式会社長谷川綿行は医療機関向けに衛生材料、エビデンスに基づいた感染予防対策製品、カテーテル等3,000種類以上の医療機器等を製造、販売している会社です。2011年4月、医療施設における子どもへの診療行為や、医療従事者、環境に対する不安を和らげるための製品や情報提供を目的とした「kiss」ブランドを立ち上げました。夢の病院アイテム(季節によって選べるカーテン等)を1つ1つ実現するべく、楠木先生、萩原さん、田村さんと製品開発をしています。それは、子ども目線で考えた「あったらいいなー」が基本です。

製品化されたものは医療機関等へ販売され、売上金の一部は「夢の病院」設立、運営のために使われます。また、日本財団が運営する「夢の貯金箱」プロジェクトの寄付型自動販売機を自社に設置し、販売先、仕入れ先にも広く呼び掛けています。

先日の東日本大震災の時にはチャイケモを通じ、茨城県立子ども病院へ手術用ガウン等の救援物資を寄付させていただきました。チャイケモと弊社との取り組みはまだ始まったばかりです。「夢の病院」設立の物語は前奏曲からオーケストラになろうとしています。オーケストラには楽器が必要です。みなさんのご協力、ご支援どうぞよろしくお願い致します。

http://ameblo.jp/kiss-hasemen/
http://twitter.com/#!/ashinagak

夢の病院プロジェクトでは『あったらいいな』という夢のアイテムをずらりと掲載していますが、今回、チャイルド・ケモ・ハウスと株式会社長谷川綿行が一緒に『夢のアイテム具現化!』を目指した製品開発を行うことになりました!

株式会社長谷川綿行では、『K.I.S.S』という医療施設における子どもへの診療行為や、医療従事者、環境に対する不安を和らげるための製品や情報提供を目的としたブランドを2011年4月より展開しています。
Kindnes and Smile to Small handの頭文字をとったネーミングです。

メーカーとしての視点、母の視点、医療者の視点で、既にあるものが、もっと使いやすく、もっと楽しくなる。素敵な取り組みです。
「こんなものがあれば。。。」「ここがもう少しこうなれば。。。」
すでにいくつかの製品が形になりつつあります。

この場をお借りして、これから少しずつご報告させていただこうと思っています。

K.I.S.S製品の売り上げの一部は、小児がん患児がともに安心して化学療法(抗がん剤治療)を受けるための専門施設設立のためにご寄付いただきます。

株式会社長谷川綿行は医療機関向けに衛生材料、エビデンスに基づいた感染予防対策製品、カテーテルなど3,000種類以上の医療機器などを製造、販売している会社です。
株式会社長谷川綿行ホームページ:http://www.hasemen.co.jp

夢の病院をつくろうプロジェクトを主催するチャイルド・ケモ・ハウスは、6月5日に「夢の病院」設立にあたっての事業計画、スケジュールの発表シンポジウムを行います。
シンポジウムのお知らせ(PDF)

パネルディスカッションでは、小児がん医療の現状や神戸での建設の構想などのディスカションを行い、チャイルド・ケモ・ハウスの「夢の病院」が担う役割などについて、共有する機会とさせていただきます。

【日】  2011年6月5日(日)
【時間】14:00~16:30(開場:13:30)
【場所】臨床研究情報センター(TRI)
    神戸市中央区港島南町1丁目5番地4号 
    交通:神戸新交通ポートライナー先端医療センター前下車
       改札出て右へ徒歩すぐ

【申し込み】※お申し込みが必要となります。
氏名、連絡先(メールアドレスなど)、参加人数を下記の連絡先へおしらせください。
チャイルド・ケモ・ハウス事務局
メール:info@kemohouse.jp
FAX:072-646-7073
 
【主催】NPO法人チャイルド・ケモ・ハウス
【助成】社団法人 大阪薬業クラブ 平成22年度公益(助成)事業
【協力】大阪商工信金「商工さくら基金・第1回さくら賞」

小児がん専門施設「夢の病院」の着工に向けて、いよいよ動き出します!

詳しいシンポジウムの内容はチャイルドケモハウスのページをご覧ください。

3月11日に発生いたしました東日本での大地震につきまして、被災された皆さまにお見舞い申し上げます。

夢の病院をつくろうPROJECTとその運営母体であるNPO法人チャイルドケモハウスでは、被災された皆さま、特に小児がん患者やその関係者の方々への情報提供を以下のURLで随時行ってまいります。

http://blog.canpan.info/kemohouse/

ぜひご活用ください。多くの方々のご無事を心よりお祈り申し上げます。

こんにちは。プロジェクトチームメンバーのiop都市文化創造研究所永田です。

10月16日、17日に「神戸+デザイン」というイベントで2日間限定でオープンした本プロジェクトのチャリティカフェ「CAFE×神戸」のご報告が大変遅くなってしまい申し訳ありませんでした。私事ではありますがその後もイベントが立て続けに続いていたため、チャリティカフェの決算がなかなかできず寄付金の確定ができませんでした。

先日今回ご協力いただいた大阪の人気ベーカリーショップ・パンデュースの米山シェフとカフェの収支を整理し、本プロジェクトへの寄付金を確定することができました。
2日間のカフェの売上げ総額は、467,270円、そこから食材費や厨房機器等のレンタル費等の経費を引いた寄付金総額は97,564円となりました。これに当日レジ横に置かせていただいた募金箱に入れていただいた寄付金総額4,139円を加算した、寄付金総合計額は101,703円となりました。11月11日にチャイルドケモハウスの口座の方に振り込ませていただきました。

今回このチャリティカフェの企画、運営に関わってくださった、コムシノワの荘司シェフ、パンデュースの米山シェフと米山シェフの奥さん、パンデュースのスタッフの皆さま、そしてクリエイティブ面でサポートいただきましたSIRUSIの笹さま、カメラマンの市川さま、本プロジェクトのポスター制作でご協力いただきました文平銀座の寄藤さま、福田さま、冷蔵庫のレンタル費を無償でご提供いただきました福島工業株式会社さま、ポスター、トレイシート等の印刷費を無償でご協力いただきました石川特殊特急製本株式会社様、その他今回のカフェの実現にご尽力いただきましたすべての方々にこの場を借りてお礼を申し上げたいと思います。

今後もこうした活動をもっともっと幅広く展開していきたいと思っておりますので引き続きのご協力をお願いします。また今回のチャリティカフェのように、このホームページを見てくださっている皆さまが企画されるイベントなどで本プロジェクトにチャリティしてくださる方がおられましたらぜひお問い合わせをいただけたらと思います。皆さんの小さな取り組みが積み重なって大きなうねりになることを信じております。

チャリティカフェ「CAFE×神戸」の当日の会場の様子を何枚かスナップ写真でご紹介します。関係者の皆さま本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

現在の寄付総額

1億
1814万
5972円

2015.03.04に
0円を追加いたしました。
※寄付総額は累計です。
 総額は1週間ごとに
 更新いたします。

最近のコメント

    No Responses.

最近のトラックバック

    No Responses.